知恵や雑学のためになるかも日記
2013年02月12日

恵方巻きは、何屋の陰謀?

節分も終わり、世は一気にバレンタインムードです。
まぁ、私には、関係のないことですが。

先日、節分の時に、会社で話していたのですが
私たちが子供の頃って、恵方巻きなんてなかったよね?と。

なんか、巻き寿司は、食べてた記憶があるんですが
恵方を向いて、黙って食べる、なんてことは、していませんでした。

ある人が、仲の良い寿司屋の大将に、聞いたそうです。
「恵方巻きって、寿司屋の陰謀でしょ?」と。

大将いわく
「いえいえ、海苔屋の陰謀でございます」とのこと。

これで、海苔屋に聞いたら
「いえいえ、かんぴょう屋の陰謀でございます」とでもいえば
立派なネタですが、調べてみると、本当に海苔屋の陰謀でした!

古くは、江戸時代末期に、大阪、船場の商人が、商売繁盛の祈願事として
太巻きの寿司を食べていたそうです。

それから、時は流れ、昭和初期、また戦後に、海苔協会が
海苔などの販売促進の目的で、「節分の丸かぶり寿司」の宣伝を行ったのが
きっかけとのことでした。

寿司屋がそれに、のっかったことも事実ですが(笑)

恵方巻きの起源については、諸説あるようですが
なんとか物を売ろうとする姿勢、アイデアは
今も昔もかわらないんですね〜。






posted by ゆずMAN at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話しのネタ・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年02月02日

節分は 恵方ロール

明日は節分ですね。

節分は、「せちわかれ」ともいい、もともとは、「季節の変わり目」と
いう意味だったのですが、現在では、立春の前日を指す言葉として
用いられています。

古くから、季節の変わり目には「鬼」(邪気)が生じると言われていて
それを追い払うための行事が、節分であり、豆まきです。

もともとは、悪魔のような鬼の目、魔目(まめ)をめがけて
豆を投げると「魔が滅する」つまり「魔滅(まめ)」ということから
はじまったそうです。(ダジャレみたいですが)

また、豆は、鬼を追い払うための道具であるとともに、鬼そのものとも
捉えられていたため、豆まきの時には「鬼は外」と、言いながら
豆、つまり鬼を、家の外に、放り投げるのです。

要は、豆自体が鬼、なんですね。
だから、鬼のお面を付けたお父さんに、豆ぶつけなくても
いいんですね、本当は(笑)

さて、この節分ですが、豆、鰯、巻きずしを食べますが
私は、このすべてがあまり好きではありません。

近年、恵方巻きがポピュラーになり、さらには恵方ロールなる
スイーツが登場しました。

甘いもの好きの私は、この恵方ロールで、節分を過ごしています。

【期間限定・数量限定】神戸生チョコ巻(ロール)・プレーン【TVで紹介 雑誌で紹介】【内祝 ロールケーキ チョコレート】【バレンタイン】【セレブスイーツ】

価格:1,680円
(2013/2/2 20:43時点)
感想(321件)




ちなみに、今年の恵方は、南南東です。

なお、豆は、数え年の数だけ食べます。

ご年配の方は、豆の食べすぎで、おなか壊さないように
気をつけてくださいね。




posted by ゆずMAN at 20:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 話しのネタ・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。