知恵や雑学のためになるかも日記
2013年09月17日

トルコは なぜ親日なのか

先日、トルコのカッパドキアで、女子大生2人が死傷した事件が
ありましたね。

悲しい出来事ですが、その後のトルコの人たちの行動を見て
感動しました。

それは、「 ごめんなさい 」とか、「 ご冥福をお祈りします 」
などといった横断幕や、メッセージを掲げたり、日本の国旗を
たくさん立てて、追悼の意を表していました。

事件のあったカッパドキアには、日本からも、たくさんの旅行者が
訪れる、人気の観光地だそうです。

当然、観光客を減らしたくないという、地元の思いもあるでしょうが
それ以上に、「 日本は友達 」 といった思いを感じました。

もともと、親日家が多いといわれるトルコ。

そのきっかけとなったのが、「 エルトゥールル号遭難事件 」 です。

1890年に、オスマン帝国(その一部は現在のトルコ)の
軍艦エルトゥールル号が、日本を訪れ、帰路についた際、台風による強風で

現在の和歌山県串本町沖にある、紀伊大島の樫野埼東方海上で座礁、
水蒸気爆発を起こし沈没します。

これにより、司令官オスマン・パシャをはじめとする、587名が死亡、
または行方不明になる大惨事となります。

当時の大島村(現在の串本町樫野)の住民たちは、総出で、
救助と生存者の介抱に当たります。

この時、台風により出漁できず、食料の蓄えもわずかだったにもかかわらず
住民は浴衣などの衣類、卵やサツマイモ、それに非常用のニワトリすら供出
するなど、献身的に生存者たちの救護に努めました。

この結果、69名が救出され、生還することができたのです。

このエピソードは、2002年、日本で開催されたサッカーワールドカップ
( ベスト16で日本とトルコは対戦 ) 時に、紹介され、広く認知されるように
なりました。

最近では、トルコとの友好関係を語るエピソードとして、テレビや本などでも
多く紹介されています。

もちろん、それだけではなく、日本からの経済協力も
親日に影響しているでしょう。

逆に、イラン・イラク戦争時には、在イラン邦人を救助してくれたのは
他ならぬトルコです。

長い年月をかけて、築き上げた信頼関係は、そんな簡単には
なくならないんですね。

事件は、悲しい出来事でしたが、これからも、トルコとは
良い関係を続けていってほしいと思いました。






posted by ゆずMAN at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話しのネタ・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年09月09日

温泉の泉質と効能が知りたい

行楽の秋がもうすぐやってきますね。
暑い夏も終わり、温泉でゆっくりするのもいいですね。

旅行サイトなどで温泉旅館を見ていますと
「 なめらかで美人の湯と、いわれています 」 とか
いろいろ書いてありますが

どういう理由で、美人の湯なのか?
きっと泉質がお肌に良かったりするのでは?と思い
調べてみました。

温泉のタイプは、9種類に分類されます。
浴場に掲げられている、「 温泉分析表 」 を見れば
詳しく載っています。

1.単純温泉

無色透明無臭で、含まれる成分は薄いので、刺激が弱く、入りやすい。
病後回復期の静養、手術後の療養、骨折・外傷後の療養に効果。

2.塩化物泉

湯冷めしにくい、温まりの湯。
冷え症、慢性婦人病、月経障害、不妊症、病後回復に効果。

3.炭酸水素塩泉

肌がなめらかになる清涼の湯で、浴後清涼感がある。
切り傷、慢性皮膚病、美肌効果。

4.硫酸塩泉

傷の湯。
動脈硬化、慢性皮膚病、美肌効果。

5.二酸化炭素泉

炭酸ガスの小気泡が肌につく泡の湯。
保温効果が高く、高血圧、動脈硬化、切り傷、冷え症に効果。

6.鉄泉

湧き出したときは無色透明、空気に触れると褐色になる湯。
月経障害、更年期障害、慢性皮膚病に効果。

7.硫黄泉

含まれる硫化水素ガスの匂いが特徴で、刺激が強い湯。
高血圧、動脈硬化、慢性皮膚病、慢性婦人病、美肌効果。

8.酸性泉

肌にしみる強い刺激があり、湯ただれを起こすことがある。
肌の弱い人は浴後、真湯で流す。
慢性皮膚病、慢性婦人病、月経障害に効果。

9.放射能泉

尿酸を尿から出す、痛風の湯。
痛風、高血圧、動脈硬化、慢性皮膚病、慢性婦人病に効果。

だそうです。

温泉旅行をお考えの方、泉質で、旅先を選んでみるのも
いかがですか?

⇒ 効能、成分・泉質、特徴から温泉を探す




posted by ゆずMAN at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる疑問・豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。