知恵や雑学のためになるかも日記
2014年02月26日

男子は知らない チョコレートの種類と意味

もうすぐホワイトデー。

バレンタインのお返しに、チョコレートを返す人も多いのでは。
なにせ、女の子はチョコ好きが多いですからね!

さて、そのチョコレートですが、種類とか名称とか
フランス語なんだか、意味が分からないものも多く

聞いたことはあっても、どんなチョコレート?って
感じになりますよね、男子は。

なので、よく聞くものを、調べてみました。

・ショコラティエ
フランス語で、チョコレートを作る職人。
ちなみに、パティシエは、洋菓子職人を指します。

・ショコラトリー
フランス語で、チョコレート専門店。

・ショコラ
チョコレートのこと。

・ボンボンショコラ
ボンボンは、一口サイズの意味。

・ガナッシュ
チョコレートに生クリームを加えたもの



・プラリネ
アーモンドやヘーゼルナッツを、すりつぶしてペースト状にしたものを
チョコレートに混ぜたもの。



・トリュフ
フランス料理の高級食材トリュフ(きのこの一種)に
似せて作ったチョコレートのことをいう。

・ガトー ショコラ
チョコレートのケーキのこと。

・フォンダン・ショコラ
中心まで完全に焼かず、内部がソース状になっている
チョコレートケーキ。



・ザッハ トルテ
オーストリア・ウィーンを代表するチョコレートケーキ。
ウィーンの菓子職人 フランツ ザッハにより考案されたので
この名となる。

スポンジケーキに、あんずのジャムを塗り重ね、チョコレートを
かぶせたもの。



・オランジェット
細切りにした、オレンジなど柑橘類の皮を、砂糖漬けにし
チョコレートで包んだお菓子。






posted by ゆずMAN at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話しのネタ・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年02月18日

うぐいすとメジロの違い

春を告げる声といえば、うぐいすの鳴き声を
思い浮かべる人も、多いのではないでしょうか。

「 梅にうぐいす 」、なんて言葉もありますが
みなさんがよく見かけて、うぐいすだと思っている鳥は
実は、「 メジロ 」なんだそう。

その違いですが、見比べれば、一目瞭然で

うぐいすは、くすんだ草色をしていて
目の周りには、何もありません。

うぐいす.jpg

メジロは、鮮やかな黄緑色をしていて
目の周りに、白い輪っかがあります。

メジロ.jpg

うぐいすは、とても用心深く、人前にでてくることは
めったにありません。

また、うぐいすの鳴き声といえば
「 ホーホケキョ 」 ですが、早春は、うまくホーホケキョとは鳴けず
練習を重ねるごとに、うまく鳴けるようになっていくのだそうです。

うまく鳴けていない、うぐいすの声を聴いたら
練習がんばってるな!と思ってあげましょう。

何事も努力あるのみ。
人間も見習わないといけませんね!




posted by ゆずMAN at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話しのネタ・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

▲ページの先頭へ