知恵や雑学のためになるかも日記
2013年05月10日

レオポンと阪神タイガース

みなさんは、「レオポン」って、ご存知ですか?

50代くらいの関西虎ファンの方には、詳しい方もおられると思います。

レオポンとは、オスのヒョウと、メスのライオンを、異種交配して生まれた
一代雑種のこと。

阪神甲子園球場のそばにあった、甲子園パークで、飼育されていました。

レオポンの語源は、ヒョウを英語でLEOPARD(レオパード)といい
このLEOとLION(ライオン)のONを合わせてLEOPON(レオポン)と
名付けたそうです。

体にはヒョウの斑文があり、気性が激しく動作も機敏で、体つきはライオンに
似て大きく、毛色は薄く、雄にはたてがみが生えて、ライオンの風格を備えて
いたらしい。

さすがは阪神!と、ビックリなのは

5月のこどもの日、甲子園パークでは、鯉のぼりをあげると、広島カープの
応援になる、として、このレオポンの、のぼりをあげていたそうです。

なお、このような一代雑種を作って見せ物にするのは、生命への冒涜だという
声が強まり、一代雑種づくりは次第に行なわれなくなっていきました。

時代は変わっても、阪神ファンの熱さは変わらないものですね〜。






posted by ゆずMAN at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話しのネタ・雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。