知恵や雑学のためになるかも日記
2013年10月21日

寝違えて 首が痛い時の 対処法

先日、いままでの人生で、かつてないほどの
寝違え を起こしました。

朝起きてから、じわじわと首が痛くなり、会社へ出勤した頃には
痛くて、左側に首を、回せなくなりました。

これはイカン!と、会社の年配の方に、知恵袋を聞いてまわるも
ただ、歳を重ねた老人ばかりでした><

1人、若いパートさんが、腕を後ろに引くストレッチするといいよ、
との情報が!

ネットでさっそく調べてみると、ありました!
なにやら、「 ゴッドハンド輝 」 という漫画にも載っている
そうです。

ゴッドハンド輝(46) [ 山本航暉 ]




首の寝違えは、首ではなく、脇の下の神経が圧迫されたために
起こるのだとか。

なので、脇の下の筋をストレッチでほぐします。

やり方は、まず、椅子に座り、背筋を伸ばし、腕を下に
ダラーンとたらします。
これが基本姿勢です。

そして、痛めた首側の腕を、真後ろに引っ張り上げます。
(できるだけ背筋を伸ばしたまま)

上げられる高さまで上げて、10〜20秒ほどキープ。
これを2回ほどやります。

次に、痛めた首側の腕の手のひらを、腰の真ん中(お尻の上)に
置きます。
そして、ひじを体の後ろ側へ引き込みます。

同様に、10〜20秒ほどキープ。
これも2回ほどやります。

最後に、腕をあげて、ガッツポーズの体勢。
そこから、ひじを少し外側に広げて、ひじの開きが120度くらいに
します。

そのまま、腕を後ろに引き込みます。

同様に、10〜20秒ほどキープ。
これを、2回ほどやって終わりです。

脇の下を張るイメージでやるといいです。

ちなみに、即効性はありません。

私は、症状が、ひどかったので、完治に3日かかりましたが
1日で、けっこう楽になりました。

首に、冷湿布を貼るのも、炎症をおさえるのにいいと思います。
私は、ストレッチと併用しました。

寝違えた朝に、炎症を起こしている首元を、マッサージするのは
厳禁ですので、注意してくださいね!






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。