知恵や雑学のためになるかも日記
銭湯には なぜ富士山が 描かれる
2014年04月14日

銭湯には なぜ富士山が 描かれる

先日、友人とスーパー銭湯へ行ってきました。
いろんな湯船があり、まさにテーマパーク。

満喫して、湯めぐりしてきたわけなんですが
子供の頃行った、銭湯の話になり、昔のお風呂屋さんって
なぜか富士山の絵があったよなぁ、と。

そういえば、富士山以外の絵って、あまり見たことが
ありません。

調べてみますと

銭湯のペンキ絵は、東京神田にあった、キカイ湯と言う
銭湯の主人が、油絵画家の川越広四郎に依頼し
描かれたのが始まりだそうで

その時に描かれたのが、富士山であり、それが他の銭湯にも
広まっていった、といわれています。

また、富士山は、川あるいは海とセットで描かれており
山に降り積もった雪が溶けて、川や海を経て
浴槽に流れ込むように、見ることができます。

富士山は、昔から信仰の対象であり、富士山で浄化された水が
湯船に注がれ、その水によって、心身を清めるという
宗教的な意味が、こめられているとの説もあります。

つまりは、富士山でなければダメ だったわけですね。

新幹線の窓から、チラッと富士山が見えただけでも
すごくうれしく、ありがたい気持ちになります。

スーパー銭湯にも、是非、富士山、描いてほしいなぁ。




posted by ゆずMAN at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる疑問・豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ